近況情報
(ブログは釣りが忙しいときは更新致しませんよ)
Handmade Work's ITO.pdf
2018-4-18
仲間が仕事さぼってサクラマスをゲット(笑)
 
2018-3-26
別の仲間一人もサクラマスゲット
 
2018-3-24
仲間二人がそれぞれサクラマスをゲット
 
2017-05-26
一月頃から右足首アキレス腱が痛く釣行を断念していましたが、
ようやく回復に向かってきましたのでそろそろ渓流釣りを予定してます。ロッドも新調しましたしね(笑)
 
2017-05-10
今年のサクラマスはまたヒットなしで終わってしまった。
魚がわずかしか遡上していない様だ・・・河口で網か
 
2016-12-30
2016年の釣行は以上で完納となってしまった。
来年の抱負「リバーシーバス」にもっと力を入れて動画を増やしていきたいと思ってます。
楽しい釣りをもっと楽しく体感したいです。(笑)
 
2016‐4‐6
昨年は不幸が重なり釣りという言葉を忘れ去った一年でした。今年はと思っていましたがやはりなかなか以前の様に打ち込む事が出来ないのかもしれません…
 
2014-1-21
1月中はシーバス用ロッドとフェンウィックのロッドのメンテナンス
リニューアルに着手していました。

今回は自分自身でガイドをすべて交換と言う大それた作業でしたが
完成間近になってまずまずの出来栄えに
安堵感いっぱい・・・(笑)
今年はこのロッドで美しばし釣っちゃいますよー
 
2014-01-01 0:01
あけましておめでとう御座います。

今年の豊富は

本流では「 サクラマス 」を必ずGETする事です。
渓流では「 大ヤマメ 35cm以上 」を必ずGETする事です。
サーフでは「 シーバス 60cm以上 」を必ずGETする事です。
 
 
2013-06-03
ヤバイです!渓流でなにやら放射能ていう奴が出て居るらしいです。
魚や山菜等採って食べないようにとの看板がいたる所へ立ててあったり・・・
イワナにあっては『禁猟』にまでなっている河川もある。

下流にダムとかある水源では『飲み水』にも含まれて居るよねー絶対!!
県ではそう言う事はまったく報道無し?

どうなってんの・・・?
 
2013.03.17
釣りのアイテムが間もなく仕上がってくるとの連絡がありました。
楽しみです。
仕上がりましたらこのページでご披露致します。(笑)

新しい「デジカメとPC」は現在すでに活躍中です。(動画参照)

初釣りは先日より「サクラマス」釣行いたしておりますが
まだ、釣果はありません・・・
 
2012.12.18
来年の釣りの動画はもっと完璧に出来るように作成に頑張ります。
その為「デジカメ、PC」ともに新調いたします!

現在、釣りが出来なくてムズムズしておりますが
来年の為に色々アイテムの変更を試みております。
出来上がりが楽しみワクワク・・・(笑)
 
2012.04.28
4/上旬に広瀬川本流に釣行した時「ランディングネット」を紛失したまま気づかず今になって無いことが判明。拾われた方ございましたらメール(トップページより)お願いいたします・・・
 
2011.02.02
寒い日が続いておりますねー
今年の初釣りは何処にしようか仲間と相談中でして
唯一の楽しみ・・・
 
2011.12.15
来年も宜しくお願い致します。
 
2011.11.13
今日は「打ち上げ」そう釣り仲間と今年の反省会
海での釣りが出来ないので今年の趣味の釣りはもうすでに終わったのです。

海といいましたが
現在でも港から内陸に入った場所では津波の傷がそのままで痛ましい状態です。
個人住宅は希望者において県で無償で取り壊してくれ更地になっておりますが
企業はそれがしてもらえずそのままがほとんどなんです。
道路脇のガードレールみそのまま
やはり被害者の救済でお金も足らなくなっているんだろうなー


さて、来年
渓流から始まる釣りで「秘密兵器」を試してみるため
現在コツコツと準備しております。
 
2011.5.21
今私の居る所では、微量とはいえ「放射能」が検出されているらしい??
上空は福島からの風の流れ
当たり前に雨などで地上に降りそそぐだろう

なぜか誰もがあまり騒がない・・・
大丈夫かー
 
 2011.5.3
私、実は15年間ほど箆鮒釣りに「とり憑かれた」ときがありました。

この釣りも季節によりいろいろな釣り方
・春先ノッコミ時期の釣り方
・ジャミの多い所での釣り方
・冬の釣り方 凡釣り
氷が張っている時の釣り
 
・カッツケ釣り
・宙釣り 両ダンゴ
段差釣り
・底釣り 凡釣り
段差釣り
・チョー段差の底釣り
と、釣り方だけでもかなり奥深いものがありました。


2015-3-11の地震後初めて立ち寄った
以前ホームグランドとして遊ばせて頂いてた与兵衛沼
まったく様相を変え
無残な姿がそこにありました。

堰堤のコンクリートがところどころ割れ、
水が漏れたらしくかなり減水していました。
土嚢でそれ以上かろうじて水が流れないようにしているようだが
元通りになるまでは何年もかかる事だろう。

大変残念だ。


私がへら釣りを初めて数年ほどした時
与平衛沼でいつものように釣りを楽しんでいると
しばらく後ろの金網越しに見ていたある茨城から来られた方が
その後私の後ろに座り釣り方の話を始めました。
聞くところ以前から何度かこの沼に見に来ていたらしく
その方の出身地では盛んにされている釣りとのこと。
この後、何度と無く教えを請う事が出来
私自身、格段の進歩をさせていただきました。

仕事を終えてからご自宅にも何度も押しかけ
釣りだけではなく人生等いろいろなことまで
師匠同様にお付き合いをさせていだきました。

今年は今後海での釣りは何年も出来ないと思い
懐かしく「箆鮒つり」をまたしてみようかと思っております。
別の場所で・・・
 
 
2011.4.29
AM:10 今、テレビで衆議院予算委員会の国会中継を見ています。
野党に落ちた自民党が青い民主党の青い総理にせまり入る場面もありました。
私はそれを聞きながら

「お前ら!そのまえに一緒に力にならんか!!
連立でも何でもやれよ自民党はいつまで野党でいるつもりだ!

今回の災害面積の割合に対しての国土の広さを考えても
すべての力を一緒にしなかったら復興は出来ないぞ!!」と言いたい。

私のいる宮城県では
津波で被災した地域は今でも満潮時に床下浸水している場所も多くあります。
そうです全体に国土が地盤沈下しているのです。
このままでは復興も出来ません。
この広大な被災面積に
土盛りをして土地をかさ上げしてからでないと手を付けられない状態です。

福島原発問題では広大な面積で避難している方がおります
更なる危機が今後発生してしまった時はいったいどうなってしまうのか

私はどうしたらいいのか解らないというかその力も無い
国全体でどうにかしないと復興は10年以上もかかってしまう
以前のように戻るのは何時なのだろう・・・
 
2011.4.23
現在

仙台市内のライフラインはほぼ完全に復旧しております。
食料品店(スーパー等)には品物も通常の60%ほどが陳列されているようで
コンビニについてはまだ24時間営業はしていませんが順調に復帰をしているようです。
しかしながら近隣のジャスコ等の大型駐車場の内外壁の破損で使用不可の状態が続いていて
買い物に支障をきたしています。
また一部郊外型大型電気店は建物構造がチャチだったのかかなり破壊され
今でも工事中で営業しておりません。
外食産業は早くから結構力強く営業を開始しています。

ちょっと郊外へ移動するとそこは市内とは違いまだ一段と遅れています。
行く先々で復興を願って一生懸命作業をしている方々でいっぱいです。
自衛隊の方々、警察の方々、そのほか数多くの作業に携わる方々が
そこかしこにおりみんな頑張っているんだなーとつくづく感じさせられました。

自衛隊の方々においては全国から来仙し
公園等にテントを張りそこを起点にして復興に努めておられ
並々ならぬ努力をしている姿を見ると頭が下がります。
 
2011.4.19
先日、日曜日ポカポカ陽気に誘われて
近くの榴ヶ岡に満開となった桜を見に行きました。

みんな心を落ち着かせようとしているのか
ドンチャン騒ぎのような賓の無い方は見られませんでした。


桜を見ながら「この時期サクラマスが釣れるんだよなー」とか思いながら

「桜が散る前に絶対釣ってやるぞー!」と意気込んでいるがなかなか釣れず
何時も葉桜になった頃ようやく待望の一匹がゲットできる・・・。

桜を見ているんだがどうしてもサクラマスを思い出す。

といった一時でした。

今週行っちゃうかな(笑い)
 
2011.4.16
いまだ一日何十回地震を感じればいいのだろー
ゴゴッゴーと地鳴りを音で感じその後グラグラと体感する
事務をして下を見て書き物をすると下半身がなぜか揺れているような変な感覚
もう慢性化しているのかと思っていたがコマイ揺れが更に百回以上も・・・

私の住むところは、ようやく通常の生活に戻ってきた
だが仕事の内容はまだかなりハードな状態が続いている
明日は2週間ぶりの休日
ちょっとマッタリして過ごしたい
釣りに行けないがなぜか心がはずむのはどうしたことか。
 
2011.4.11 happybirthday
 
2011.4.10
あれから明日で一ヶ月
私の住むところは「水道、電気、ガス」のライフラインは使用可能となったが
同じ所でもマンションなどはせっかく直りつつあったライフラインが昨日の地震で更なる壊滅を余儀された。
あるマンションでは水をためるタンクの破損で部品が無く修理不可能。
部品待ちで何時復旧されるのか見当もつかない。

マンションに住む各家庭の蛇口から水は出ない
かろうじて一階の水道管直結の蛇口から水を取れるように当たり前とはいえ
管理会社でご配慮して頂いているのがありがたい。
トイレ、お風呂が使用できないが
一階から水を運び入れれば使用可能になるので何とか努力していただきたい。

いろいろな修理をしている方はみんないっぱいいっぱいでの努力をしている
なので何とか早く直ってくれることを祈るのみである。
 
2011.4.8
昨日4/7、独り言を書きマッタリしていた11:32ごろ
一気にその世界をかき消すように『 M7.1 震度6強 』
ガッガッ、ッガー

またも皿が割れたが被害は少量だった(っていうかもう高いところへは荷物は置いていない)

今回は自宅で受けたが
前回の小型版(やはり前回は揺られる振り子のスパンがでかかった)の感じだったので
結構ビクついてその後外へ逃げたりしていたが

結局1:00頃には布団を敷いてグッスリ・・・
人間慣れっていうのは怖い。

私は宮城県沖地震を体験していないが
一ヶ月前の東北地方太平洋沖地震と昨日の余震と
今までで「一番と二番」の衝撃を体験することとなった。
 
2011.4.7
最近TVでよく『日本の力信じてる・・・』とかいうコマーシャル
でもあの海岸線に何も無くなったあの光景を目の当たりにすると、
俺には言えないかも知れない。

現実はすさまじい光景だぞー!
 
2011.4.4
 生活も以前のようになりつつあり、
今日にあっては「ガソリン」もそれほど並ばずして入れることが出来るようになった。

だが私の中はなぜか風がスウスウと通りぬける。
今年のフィッシングはどうなってしまうのだろうと・・・。
 
2011.3.30
 今日、応援に来ている大阪ガスの職員方の手によって点検の上「ガス」が供給されました。
約三週間ぶりの我が家での入浴。
あか擦りで丁寧に洗いちょっと肌がスウスウしつつ湯船に浸かりマッタリ。
(まだ避難している方もいるのにいいのか?)ごめん・・・
 
2011.3.25
いよいよスーパーが営業を開始ししたと思ったら価格?
「ちょっと高いんじゃない・・・」足元見てない?
そういった商売をしているやからもいるようだ。
昨日と今日は睡眠時間に大きな地震が感じられなかったので熟睡してしまった。
(勤めている会社が避難者の賃貸契約その他の相談等でチョー忙しくてかも)

そろそろ気分転換に2時間掛けてガソリンを入れ
二日間時間が取れたら女房と何処かへ出かけてみっかーってマジ。
 
2011.3.23
徐々に大型スーパー等は営業を開始しましたが、
まだガソリンを入れるのに2から2.5時間かかり3,000円分(約20L)のみ。

兄からの連絡あり「プロパンでお風呂は入れるからは入りに来な」とのこと。
妻と二人で喜んでいただきに行った。(さっぱりしたなー)
 
2011.3.21
 私の居るところは運よく自宅は崩壊せず、現在「電気・水道」のみ使用可能ですが、「食料・ガソリン・灯油」が不足しています。お風呂はガス使用(復旧は1〜2ヶ月未定)なのでまだ入ってません(かろうじて電気ポットで湯を沸かし洗面で体を拭いてます)。昨日もガソリンスタンドでは整理券を渡し販売していたようだが2〜3kmも並んだ様でした(緊急の方が入れれるように私は並ばなかった)。
 食料に当たっては私の所は運悪く遠くまで買出しに行かなくてはならず、また行っても必ず手に入るわけではありません(保証が無いのです)。もちろんガソリンも無いので、何時もの様に車でちょっと行って買ってくるわけにも行かないのです。近くのコンビにもしばらく営業してません。
 大型店が幅を利かせている今日(大型店に食われた小売店はほとんど無い)この仙台市内でも不便なところもかなりあるのも事実です。私はまだ良い方だと思いますがそれでもかなり不安はあります。自宅の片づけ等生活が出来る程度に終わりましたが、今後との様になっていくのかが怖いです。
 我が家の食料備蓄(米)は節約してもあと10日ほどで無くなるかもしれません。その後は歩いてでも食料調達を余儀なくされます。それまでは無駄な行動は避け今必要な方が少ない食糧を買えるように私たちは必要以上の調達をしないようにしています。
 先日近所の方(息子さん:配送関係に勤めている)から生麺等箱でいただきました。配送が出来ず廃棄処分になりそうなので会社から頂いてきたとのこと(近所に配っていた様だ)。その方はうちの息子より学年は上だが、小さい頃一緒に遊んでもらった子でそのころから知っていたが、ここにきて助けてもらうとは思ってもいなかった。大変ありがたい!

 いまは早く通常に戻れればと祈っている
 
2011.3.19

 当方、地震の被害は「家具の突っ張り棒」を設置していたおかげで(以前の宮城県沖地震教訓から)家財「タンス」等の倒れは無く中身がリビングに飛び出しセト物が壊れたのみでした。ものすごい衝撃でした。

私は自宅近くの勤め先に降りましたが「ガガガッガッー」と長く二度続けてあり(言葉通りの衝撃です)書庫はすべて倒れました。地震体験用の車がありますがテレビでよく見る、あれよりもよりすごい感じで時間も長く二度もありました。

すぐ道路の中央に逃げました。

この後結構強い地震が何度もあり、雪が降ってきたりし寒いところ情報を得ようと携帯ワンセグを見ました。

すぐ津波の警報がありました。

まもなく5から7mの津波が来たと報道されました。

その後20分したころか・・・

今度は10m以上の津波が海岸の地域を襲ったとの報道(5K以上も内陸まで・・・)※後日分かったが名取一部は仙台バイパス付近まで水が来ていた。

その後

釣りでいつも通っていた海岸近くの道路に何十人もの遺体が・・・

との報道がありました。

メチャクチャです・・・


それから

3日ほどしてからか電気が通じ(朝は氷点下なので助かった)

昨日からはようやく水道も使用できるようになりました。

しかしながら

仙台市内でも現在も電気、水道が使用できない地域があります。

コンビニは災害のその日から入り口のみでの販売を行ってくれたので何とかそれを食べながらしのいでおります。

震災の翌日に燃料等(ガスボンベ・食料)を購入しようと行きましたが、長蛇の列で店側の方も「品物がもうありません・・・」と言っているにも係らず列は崩れず。

今でも長蛇の列を克服しないと食料を手に入れることも出来ていないのが実状です。

こんなの初めてです。

ガソリンもあまり無いので原発の事もあるので、もしもの時にとっておこうかとじっとしています。

一難去ってもう一難・・・

長女が関西方面におり何かのときはこっちに避難して来なと連絡もあったので、そうならないことを祈って現在妻と節約しながら生活しております。