MOUNTAIN STREAM
自然を大切に! ゴミは持ち帰ろう! 限りある自然の資源も良く考えて『キャッチ&リリース』も心がけよう!! アングラーとしての『マナー』を守ってフィッシングを楽しもう!!
 渓流 『  』 注意!! 
(釣り仲間はまだ民家のある上流部、よく一般の方がいも煮会する様な河原まで車を入れれる所で2006年7月15日AM8:00に50m程まで接近遭遇あり。5〜6mほど木に登っていた熊は、体格の良い大人ほど以上はあったとか・・・)
渓流に『 熊 』はつき物ですので注意が必要です!!最低『
熊鈴』は必ずつけましょう!!
※宮城県「熊出没情報
夏の暑い時期は『 虻(アブ) 』にも注意!
(2007より追記する)


【最近は動画をマイクで録音しながら楽しく釣りをやってますのでそちらをご覧ください。】
 
2019釣行ショアからのルアーフィッシング
2019-07-07(日) 県内の外れの渓流へチョイ遠征しました!

2019-06-09(日) 地元の渓流にて「初釣り釣行」しました!オソーッ!!

2018釣行ショアからのルアーフィッシング

2018-06-17(日) 地元の渓流初釣行で尺ヤマメを釣り上げる

2017釣行ショアからのルアーフィッシング
2017-09-17(日)
YouTube
最終の釣行は仲間4人での遠征でした。
上流でようやく24cmのデップリヤマメをゲット
中盤に釣り損ねた「ヤマメ32cm」を仲間に横取りされ
その後は沢を変えチッさいヤマメのみいただきました(笑)
みんなでの釣行は♪楽しーっ(^^♪

2017-09-10(日)
YouTube
今日は大物一発狙いと、前々から狙っていたポイントへ遠征釣行しました
初めは仲間にしてやられておりましたが
中盤で逆転満塁場外ホームランを打ち「35cm」大ヤマメをゲットしました!祝い!
調子に乗った私はその上流で「泣尺1本ゲット」しさらにその上流で
初のライズを狙っての「ヤマメ29cm」を1本追加に成功!
(笑)の止まらない釣行でした
2017-09-09(土)
YouTube
ホームグラントの河川に一人でやって来ました。
チッさいヤマメが果敢にも出てくれましたので数はさっぱりでしたが楽しい釣行でした。

2017-09-02(土)
秘境渓流釣行

YouTube
今回は県外遠征しかも入渓地点までは一時間ほど自転車を漕ぐ私たちの中ではハードな渓流です。
入渓してすぐのポイントでは「イワナ27cm」を掛け更にすぐ上のポイントでまた「イワナ25cm」
すぐ更に上流で本命を仲間に譲ってその反対側のチョロ流れで「2匹のヤマメをゲット」大笑いの釣行でした

2017-08-27(日)
YouTube
今日は私の好きな最終上流の岩盤ポイントのある渓流へやって来ましたが前日までの雨でかなり水量が多いのを知っていての釣行でした。入渓地点へと坂を下りて来るとやはり見たことのない様な水量の多さに「おったまゲー」状態(笑)
早めに釣っておかないとまた坊主になってしまう危機感を打開しようと
すぐ上流で木の生い茂った何とも隠れやすそうなポイントを見つけ何度もキャストすると
ようやくチッさいブローチタイプの奇麗なヤマメをヒットさせる事が出来た。

2017-08-20(日)
YouTube
さて今日は最近ホームグランド的な渓流へやって来ました。合流では魚が多く遊びに出てくれましたが、何時もの様に掛け損じが多く手に取るまでにはいかず(笑)

2017-07-23
YouTube
さて今回は何処の河川で釣りをしたらと考えた時、ここ数日の天候と今後の天候を考慮に入れてみて、ほかの他県はかなりの雨量があり釣りにならない? また以前に来た時ここの岩魚は他の河川の岩魚のようなスマートな岩魚ではなくデップリした私のような姿で力強さを感じる者でしたもう一度釣りたいと私はこの河川を選びました。
始は前日の雨もあり濁っているんだろうと思い覚悟はしていました。ところが入渓地点へ来てみると水位は多いがまったくのクリアーウォーターでした。

2017-07-17
YouTube
数年前に一度遠征をした思い出深い河川です。
悪条件の中、仲間の最後の最後に出た尺超え「ヤマメ」は圧巻でした。ヤッリ〜

2017-07-09
YouTube
今回の遠征は「源流」に挑戦ということで(マジ?)車止めから約一時間以上歩いてからの入渓、その上誰も行っていない道の無い断崖を下りての釣行でした。

2017-06-18
YouTube
今回は仲間と4人で福島遠征となりました。

2017-06-11
YouTube
今回の釣行は今年2度目の渓流釣りとなりました。以前は我々のホームグランドとして通いつめているポイントでしたが、ここ何年かは魚の減少であまり釣行をしなくなリました。
しばらくぶりという事で少しは期待しましたが・・・

2017-05-28
YouTube
ようやく渓流初釣行が完工できました。今回は奥の渓流での釣行でした。合流地点のチョイ上流でそれぞれ28cmと29cmのイワナを早速ゲット!その後は上流でイワナ23cmとチビヤマメをゲットして短時間釣行を完了いたしました。

2016釣行ショアからのルアーフィッシング
2016-09-10 今回は先日の大雨から少し落ち着き始めたこともあり、大物の遡上の予感を感じ釣行致しました。このポイントは行程5時間以上と長い距離を釣歩き「渓流を釣りした」と満足実感の出来るポイントです。更に釣果も良ければ更に満足ですが・・・(笑)
水量はやはりこのポイントにしてはちょっと多かったです。いつも遊ばせてくれる「段々ポイント」は流れがチョッと強くポイントがつぶれてしまっていました。中流のザラ背もすべて水量がありすぎルアーも水面から飛び出る始末でした。少ないチャンスをものにできずまあまあサイズはゲットできませんでしたが良い散歩が出来ました。

2016-09-03 今回も、最近続く台風の雨で水量の多さと、今日の釣行時間の制限が相まっての選択で、またあるポイントへ行くことになった。此処は大雨の後に上流から流された「 Rainbow Trout 」を、知っている方なら鳶になってさらいに行くポイントです。(笑)
結果は前回のような旨い具合にはならず、柳の下には泥鰌はそうは居なかったと言う事でした。

2016-08-27 今回は、最近続く台風の雨で水量の多さと、今日の釣行時間の制限が相まっての選択で、あるポイントへ行くことになった。此処は大雨の後に上流から流された「 Rainbow Trout 」を、知っている方なら鳶になってさらいに行くポイントです。(笑)
上手くすると多釣りも可能との事を仲間に教えられてました。今日はまさにこの日かなと小雨降る中釣行致しました。
ヒットルアーは意外というか定番のもの?というか良い具合でマッチング致しました。

2016-08-21 今回は釣行が出来るか否かの間での博打的釣行となった。
ポイントへ着くまでは心配でしたが、始めのポイントで橋から川を見ると「笹濁り」だったので逆に大物に期待が出て来てワクワク状態で支度をする事となってしまった。(笑)
しかしながらそう甘いものではなくやはり激戦区、始のポイントで運良く私に「ヤマメ」HITしましたが23cmチョイの体高があるデップリヤマメ。それも何度も流したコースでのヒットでした。
その後何度かポイント移動しましたが、仲間2人に「ヤマメ×1匹」「ニジマス×1匹」HITし全員1匹づつの釣果のみとなってしまった。

2016-07-30 梅雨明け一発目の渇水している渓流での釣行です。
今日は「曇りのち晴れ 日の出4時30分 気温23〜30℃」
行程3.2kmの長丁場
入渓は4時20分退渓は8時30分です。

始はまったく魚の影も無しでノーヒット
中盤でチビヤマメを二人で少しづつゲットするが時より現るアベレージサイズ23〜25以上?cmはゲットできず…
終盤で私に出た23cmのヤマメが最長寸となってしまった。
しかしどうなっているのかアベレージサイズの数がかなり少なくなっている。姿を見た3匹以外私のゲットした者を合わせてもたった4匹とは悲しい!

2016-07-28 ウェーダーの浸水修理方法
1.ウェダーを裏返して水を注入
2.水が漏れている所を探り印を付ける
3.ウェーダーから水を抜き一旦乾かす
4.印を付けた所にアクアシールを塗る。
(固まり始めると半透明から透明に変化)
(室内が28℃位がボンドの馴染がベスト/室温が低い時はドライヤーで暖めるとベスト)
5.補修シールを貼る「追伸:ちょっと剥がれやすいので次回はヤメにします」
以上

2016-07-17 今回は釣り仲間4人でのプチ遠征となりました。場所については私はかなり前に今は地震のため入れず面影もない上流部へ入ったことがありますが、今回はその下流部でポイントは初めてという川でまったく見たことのない入ったことのない所での釣行だったので新鮮で楽しく釣りをさせて頂きました。しいて言えば20から25cmのヤマメ・岩魚も出てくれるとチョー満足だったのですが、言わいる此処は激戦区叩かれ鍛えられている魚は「スレ」ている状態でなかなか食ってはくれませんでした。でも皆んなで行った時ほど楽しく過ごせたことには間違いありません。是非また全員で釣行したいものですねー

2016-07-10 今回は久しぶりの渓流へ行ってみることになった。この川では出れば尺以上のヤマメも期待できるため仲間もワクワクしつつワイワイと何時ものような釣行となった。何時もの倍の距離を高巻きした半分からは私が入ったことのないポイントまで歩き新鮮な渓流のマイナスイオンを一杯に当たり心地よく気持ちの良い釣りでした。釣果は仲間が出した「尺ヤマメ」一匹とその他チビヤマメが数匹といった結果でしたが楽しかったです。

2016-05-22 今回の釣行はアップダウンの激しい渓谷での挑戦でした。今年はじめて入る事でどう変化しているのかを確かめようと少しワクワクしていました。入渓地点は左岸約20mほど木を頼りにしないとまず降りれない急斜面です。ここにはこの時期は遡上してくる「銀系ヤマメ」が居る場所です。今回はこれがターゲットですが、全く居ない時もありその時は岩魚が数匹ということも度々です。1ポイント目ドン深で攻めると早速仲間が銀系ヤマメをヒットさせるがバラし・・・その後何度かヒットするが全てバラしてしまったとの事。わたしはその上流流れこみのポイントでトライしました。何度かキャストを繰り返していると、払い出しで「ギラッ」針掛かりをしましたがバラシ(泣)この銀系ヤマメは居付きのヤマメとは違い暴れ方が半端ないというか力強いのです。遡上してくるぐらいですからね。散々暴れて針を外して逃げて行きます。それから何度か払い出し、流れこみとキャストしていると又スイッチが入ったように「チェイス」し始めるのです。そのチェイスで針がかりしたのでヒットと叫びましたが、やはり針を外されルアーが40〜50cm水面を割って飛び着水したかと思ったら今度はそれにガッツリ他のヤマメがルアーを咥え本日の一匹目をキャッチすることが出来ました。(その後岩の間に落としてトンネル工事(笑))
ひとつ目のポイントを終えて早速の一度目の高巻きは、左側斜面が大水で削り取られ高巻きできず、今回は右岸を上がるしかありませんでしたが、水量がある場合は右岸へウエーディング出来ませんのでこのポイントは制覇できません。一度目の高巻きを制覇しないとこの入渓ポイントのメインイベントにたどり着けません。今回は何とか高巻き出来ましたので一番よいポイント(150m程)を攻めることが出来ましたがまったくノーバイトでした。(泣)そこで上流へと進みたいのですが、大岩と切り立った岩盤で又も迂回の高巻きを余儀なくされました。今度は右岸側の川から20mほど上の旧道で現在は人がやっと歩けるぐらいだが草木がうっそうと茂っている獣道?へよじ登るといった高巻です。急斜面をよじ登っていくと最後はほぼ直角しかもえぐられている様な所、足もかけられずにっちもさっちも行かずしばしどうするかと悩む。「先に行った仲間はよく登ったなー体重が軽い分何とかなったんだろうなー」とそな事を考えてふと上を見ると先に何とかクリヤーした仲間はなんとその上の急斜面にトライしていた。まだその上があったのだ! いよいよ一人で上がるしか無いんだなとさとり、仕方なく頭上の枝を何とか片手でつかみ、両手でつかみ直しすべての力を出し切り体を上げる事に成功。(^_^;) その頃仲間は二段目の崖を登り道路へと出ていた。一息つく間もなく次の崖へトライすることに・・・先程よりは幾分楽とはいえかなりの体力を消耗した後なので息絶え絶えでようやく登り切った。さて次のポイントでは渓流って言うような渓相で先ほどの大岩のような豪快なものはなく何時もの渓相といった様子でした。早速ロッドにラインを通し直しまだ幾分息が弾む中釣り開始。チョッと上流側に私の好きそうな渓相があったので私がやらせて頂くことに。ここは出そうだなーと思った瞬間岩魚が浅瀬まで追ってきてヒット!!しかし不運にも石で浅くなっていた所へ乗り上げた瞬間・・・針から外れた岩魚は元の住処へ帰って行きました。その後はまったく魚の影も見れず今日の納竿をすることに。完

2016-05-15 楽しみにしていた仲間との遠征釣行は一匹でも釣れればそれで完成する旅です。私は何時もそう感じます。今回は一度行って見たかった河川での釣りでしたので仲間と行けて嬉しかったです。釣り人が多くいる有名河川での釣果はいまいちでしたが良い旅でした。また仲間と一緒に何処かへ釣行したいですね

2016-05-08 今年初の渓流釣行は一昨年さっぱりも釣れなかった場所へ行ってみることにした。今年初の渓流釣行でした。今日は午後からの釣行で作年は一度も入らなかったポイントでした。入渓ポイントではまったく釣れなかったので「マジか…ヤバイかも」と思いました。釣果は7寸以下のヤマメ2匹(バラシ3匹)、31cmニジマス一匹。ヤマメがたった5匹居たのを確認したのみ(泣)少なくなったなー

2015釣行ショアからのルアーフィッシング
今季は都合によりこれで完了です。

2015-09-23 今年最終の渓流です。最後はやはり最近私の「定番のポイント」へ行ってこようと一人での釣行でしたが思う存分キャストをしてきました。結果は思わしくなかったですが気持ちよく今年の渓流釣りを終わらせることが出来大変よかったです。また来年もよろしくネ・・・と川に挨拶。

2015-09-05 今回の釣行は残り少なくなった禁漁期限内で惜しむように自信満足いった釣をしたいととある川へいってみました。どの河川も魚はかなり少なくなった事もありなかなかでませんでしたが、仲間に出た「ヤマメ27p」最後の最後に私に出た「岩魚26.5cm」今回の最長寸でした。

2015-07-11 今年は前半は釣りが出来無いでいたが、ようやくここに来て何度か釣が出来るようになった。
今日は私の好きなポイントへ仲間と一緒に来てみました。秋口には尺が出るこの河川ではこの時期はチッサイものが多いですがまずまず楽しませてくれるので大変好きです。
今回仲間に「25cm〜27pのヤマメ」も出ましたので良かったです。

2015-05-31 仲間との釣行は最上流へと行ってきました。釣果は良くなく小っさいヤマメの姿は見ることが出来ましたがヒットまでは持ち込めず最後の最後砂防ダム下で仲間と1匹づつゲットし修了となってしまいました。途中下流から来た釣り人に支流へ入りたいので抜かして行っていいですかと丁寧に挨拶されたので、ここまでの釣果を考え許すことにしました。渓流のマナーを知った人たちで良かった。通常は私たちが許さない限り私たちを抜かして上流には行けない渓流釣りのルールがありますのでご注意を!!

2015-05-09 初釣りはこのポイントで工程は約4キロメートル十分遊べます。

2014釣行ショアからのルアーフィッシング
2014-09-28 いよいよ仕事の都合で後2日を残し「最後の釣行」を仲間3人で行なうことにしました。最後のポイントは渇水している中、本流下流域での挑戦となりました。釣果は動画を見ていただきます。今季の渓流はこれで最後となります。

2014-09-27 まもなく今季の禁漁まであと数日となってしまった。この中での釣行でしかも渇水の中の挑戦となってしまったが、初っ端に出た仲間のビッグ岩魚33cmは圧巻だった。その後はチッサイ岩魚・ヤマメのみで納竿となってしまった。

2014-09-15 今回は4人で遠征釣行しました。昨年は下流部で釣を致しましたが今回はその上流部を魚止めまで探ってみたく釣行致しました。上流部はポイントも素晴らしくわくわくしつつ釣をしました。処々でイワナ・ヤマメは出ましたがデカイものは出てくれず。下流部へ下がってからの流れ込みで仲間が出した32pのヤマメが最高でした。こんどはもう少し水量があるときに釣行したいと思います。

2014-09-13 いよいよ終盤に近づいた渓流釣りを惜しみつつ好きな河川に釣行いたしました。前回とは違って今日はかなり渇水気味の中の釣となってしまいましたが、初っ端のポイントで「良型の色付いた山女」を狙ったポイントから出せたので大変満足できました。さらに上流には別の釣り師が入っており、その後は良いサイズは出ませんでしたが、でも楽しかったです。

2014-08-30 今日の渓流ポイントは実行程約5時間の釣行です。まあ、その他に其処まで行く時間と、車に乗ってから自宅まで戻ってくる時間、またポイントに着いてからの釣り開始までの支度と後片付け等があるので全てを含めると9時間あまり…楽しく無い訳がない!
ところで、最近は雨が多く幾度と無く釣行断念した事もありましたが、今回も水量がかなり多くウェーディングして上流まで行けるかと心配事とも多い中の挑戦となりました。
まず、途中の橋の上から見ると水量は少し多く笹濁りと見て取れました。これならなんとか大丈夫かな?とポイントへ急ぎました。
支度しさあ釣り開始、でしたが始めのポイントでは水量が多く釣りにならず約300m上流まで川の中を状況見ながら歩き、いよいよ良いヒットポイントでキャストする事になりました。その後上流へ移動を繰り返していると濁りもかなりきつくなってきて魚も釣れないことが多かったのですが、その後さらに上流へ移動して行くと支流から泥水がかなりの量で入っていてそれが原因で下流が濁っていたと判明。其処から上流は笹濁り程度でやはりまた釣れ出してきました。仲間は型の良い山女を5〜6匹以上、私はチッサイものだけだったが数的にはまあまあ遊べた感があったかと…バラシも相当でしたが(笑)。前半は初め雨降りでしたが楽しい時間が過ごせました。

2014-08-14 今日はしばらく雨等で渓流釣行を断念せざる負えない状況から脱出するべく満を持しての釣行でした。3日前の深夜も雨で水位は通常の倍に跳ね上がり、またも中止かと肩を落としていましたが昨日まで順調に水位も下がり初め、これは願ったり叶ったりと釣行の段取りを計画致しました。当日は現地の水位もチョット下がりすぎてしまったかと心配しましたが、入渓からイワナが何匹か釣れだしたので今日はいけるかなと思いました。が・・・

※ 台風・雨などのアクシデントで一ヶ月ほど釣行出来ず・・・

2014-07-05 (午後の部) 午後の釣行は午前の遠征のリベンジ 西日本からの豪雨の影響で当初予定していた他県の某河川が、出発当日の朝増水が確認できたのでその隣の他県へとポイント変更した。現地について見ると此処は増水はしてなかったがやや渇水気味・・・不安はあったが此処以外に行ける所が無かったので駐車場で支度し自転車で出発となった。だが、釣をしてみると其処には以前のパラダイスの面影もなく無慙な結果となってしまった。
仕方なく早めに車へ戻るように引き返し地元の水位を調べると昼ごろには定水位となって行くだろうと予測できたので急遽地元へトンボ返り。リベンジではないが前回逃したあのデカイ奴をゲットするべき挑戦となった。

2014-06-21 予定していた釣行が県外の釣り師に先乗りされ、仕方なくポイントを変える事になった。それが功を称し仲間に35pのヤマメ、私は掛け損じましたがマジでかいヤマメも姿を見せ何度も私のルアーにアタックしてくれました。

2014-06-15 地元は増水のため釣りが出来ませんでした。今回は仲間4人での遠征渓流釣行です。最長は仲間の釣り上げた尺上のヤマメ。その他ま私にあまあサイズでコンディションも良いイワナも出ました。

2014-06-01 今日は短時間の余裕しかなく現時点でも水量のあるポイントと言うことでここへやって来ました。釣り仲間の出した27cmの岩魚を筆頭に何匹かの釣果はありましたが、私のバラシが多くまたも足を引っ張る結果となりました。

2014-05-25 本日は3人での釣行でした。前回は水量がすごく多くポイントがあまりなかったのですが、今回はそのリベンジと言う事で出発致しました。釣果は中間の出した29.5pのイワナを筆頭として最高は中間の一人10匹そして1ヶ所で7匹という溜まっていたポイントをいかに攻略するかで釣果が大幅に伸びた釣でした。

2014-05-04 この河川は私にとって初めての釣行となります。また昨日の河川と同様に、水量が何時もの倍以上とのことで覚悟は決めて釣行いたしました。中間それぞれが少ないポイントを物にして良型サイズのヤマメ・岩魚をゲットする事が出来ました。この河川は私の「好きな渓相」をしているので次回は水量が少し落ちてからリベンジしたいと思っております。釣果:仲間(二人) 無き尺岩魚×2 良形山女×1 その他山女

2014-05-03 急に暖かくなった気候のせいで雪解けが進んだのか、水温も低下(5℃)さらに水位も上昇中の厳しいなか、運良く「岩魚と山女魚」をゲットすることが出来ました。
初めのポイントでは仲間に「無き尺岩魚」でました。

2013釣行ショアからのルアーフィッシング
2013-09
lastday
part2
今期最後と何度言ったか(笑)
ちょっと雨が降ったので最後もまたこの渓流に来てしまった。さすがに水温も「9.8度」なかなか魚も出てくれなかったが・・・、その後どうゆう訳かが分かることとなる。

2013-09
lastday
今季最後の釣行です。ここの地域では最近雨が無くチョー渇水状態と条件は最悪でしたが楽しく釣りを致しました。私は最近では大場所ではなく3、4級ポイントから魚を出すのが大変楽しく大小はその件では関係ないと言った感じに思っております。今回の釣果、頭は25cmのヤマメ(すべて)と20cmが2匹その他は10〜15cmという物でした(その他バラシ5匹ぐらいあり)が、数的にはこの時期ならまあまあではないかと思っております。毎回の釣行でデカイ奴も出ればなお良いですが…

2013-09-29 今期の釣行も最終となってしまいました。締めとしたくて釣行したところは何時も遊ばせて頂いているフィールド、大きさは別とし一匹でも見れればと思い挑戦致しました…が。

2013-09-23 間もなく渓流禁漁が押し迫った頃、行った事のない河川をターゲットにし挑戦したいとやって来ました。最近は雨も少なくかなりの渇水の中出るのはため息のみ。どの河川もチッサイちびヤマメのみ何とか二人とも釣る事ができましたが本命のデカイ物は出ず。しかし、いろいろな河川に行けてロッドを降る事が出来たので大変楽しかったです。

2013-09-21 今回の遠征釣行は初めての河川と言う事で出発いたしましたが、
やはり釣り人も多くポイントを移動しているうちに、
今日のヒットゾーンを偶然見つけ、その後仲間に37cmの「婚姻色の山女」がヒット
私にもチッサイながら29cmの「秋色の山女」が出ました。

2013-9-14 今日は単独で釣行いたしました。
ポイントは長い時間楽しみたいと「自転車」を利用できで私が最近ついている所へと行きました。
釣果はチッサイ山女を含め『計10匹』
バラシ(チッサイ山女のみで)は更に上回った数になってしまいました。が、
早朝5時開始〜終了10時と充実した時間釣りが出来大変満足でした。
今年も後わずかで禁猟となってしまうのが大変残念です。
残りわずかを惜しむ様に楽しみます!!

2013-8-31 【先日8/24に県外遠征を決行した釣行で思あぬアクシデントにより釣り場まで行ったにもかかわらず涙を呑み引き返した。】
今回はこのリベンジでの釣行でした。
釣果は良いサイズの岩魚と山女をゲットすることが出来ました。また、その他小さい山女が結構居てこれまた来年の有力候補に育っていただけるように期待を込める事が出来て大変嬉しい釣行となりました。終わってみれば釣果チビも入れて14匹ヒット

2013-8-25 前日の雨は何だったのだろう。地元はまったく水位には影響なくスズメの涙といったところだった。今日は3人での短時間釣行で昨日のウップンは・・・果たせないまま。
(昨日は遠征にもかかわらず途中土砂降り。案の定、釣行先の県外の沢は濁流化とし、せっかくの釣行も何時間も掛け釣り場を目前にあきらめざる終えなかった。)

2013-8-17 連休で叩かれすぎた河川にあえて挑戦することになった。今回はしばらくぶりで3人での釣行となった。
本流は仲間が山女を掛ける事が出来たが、
私は動画で流している様にフッキングの甘さでバラシのみ。
私は上流ではヒットしたものの「チビやまめ」のみ
その後、上流へ釣り上がって行くと中間で「えさ釣り氏」と出くわす(これで上流は終わった・・・)
徒歩で何十分だっただろう駐車場へ戻り着替えをしようとしたが「アブ」の猛攻撃で出来ず。やむなくそのまま別の所へ移動し様と車をUタウンした所へまた別の釣り氏が駐車場に車を滑り込ませた。(チョー過密河川ポイントだねタタカレ過ぎだよ・・)
と言う事で釣果らしい釣果はありませんでした。

2013-8-15 しばらく行ってなかったポイントへ、よその河川はかなり水位が下がっていたが、この河川はさほど下がっていなかった事もあり行ってみる事となった。釣果はちびヤマメが多かったが、最後に出た25センチに満たない岩魚であったが出てくれたのが幸いだった。

2013-8-10 今日はあまり時間が無く限られた、たった二時間半の余裕の中での釣りでした。
釣果は、やはり一級ポイントではほぼヒットはなく払い出し、ザラ瀬でのヒットが多かった。

2013-08-04 先日までの大雨で水量が多かった事から、釣行可能な河川が限られ出発してもなかなか決めれず...今日はここにまたやって来ました。やはり前回よりも水量が多くちょっと笹濁りという中の挑戦でした。良型でました〜

2013-07-14 前日も良い雨が日中降ったので約3年ぶりになるポイントへ行ってみることとなった。
やはり水量は多かったが、濁りはまったく無くいい感じで魚も出てくれると思いました。幸先良くすぐのポイントで良型山女をゲットしワクワクしながら釣り上がりました。釣果は差ほどではありませんでしたが
此処もこの時期は「3、4級ポイント」がベストだった!

2013-07-07 本日の釣行は午前4時半から午前9時まで仲間と3人でしたが、やはり前日も入渓してたらしくほとんど魚の影も見れませんでした。唯一見れたのは全くの3、4級ポイント其処を見逃していたら坊主でした。危なし

2013-07-06 今日の釣行は前日の雨で河川も潤いがあったのではないかという事で、釣り場を変更し、何時もの河川の最上流しかも行けるだけ釣り上がってみようと出発致しました。何時もは引き返すポイントを更に釣り上がってみると・・・結果オーライ!

2013-06-15 源流に近いところで、途中別の支流にはすでに釣り人が入っていましたので、今日は今年初めてのポイントへ行って見ました。上流とあって木が生い茂り、空は明るくなったにもかかわらず川に下りると薄暗く、初めはルアーがどこへ飛んでいったかすら分からない状態。おかげで入渓地点からのバラシ続きで良型サイズもゲットできませんでした。その後はポツポツ。渇水しているので仕方が無かったがさも無い流れに魚が潜んでいて足音で散ってしまう。何とか拾った山女、岩魚しかしなかなかの良好な姿だった。

2013-06-09 釣り仲間と二人で私のまだ行った事のない地域での遠征釣行です。始めのポイントでは二人とも幸先よく良い型の岩魚をゲットできました。この河川はこの時期でも水量が多くまだ雪白が入っている状態でした。次回はもう半月時期をずらし行ってみたいと思いました。

2013-06-01 本流岩魚を求めて釣行致しましたが、たった2ポイントに居た「ヤマメ」。しかも一番初めに入った1ポイントでは、同ポイントで何度かバラシもありましたが、それでも4匹ものヤマメをGETしてしまいました。

2013-05-26 私がまだ行った事のないポイントへ仲間が招待してくれました。水量はあまりない方だという事でしたが、いい色の山女もゲットできました。また、今日は河川も何度か移動し、早朝四時から昼過ぎまで釣りができ大変よい一日を過ごせました。

 2013-05-19 釣り仲間と最上流へと釣行を決行した。徐々に出てきている雪白のおかげで水量は多くなったものの水温が6度と低くかったが、釣果はまずまずの型ぞろいで楽しい時間を過ごす事ができた。

2013-05-12 昨日の雨と早朝の雨とで川もリセットしたと感じ仲間と上流へとトライしてみた。まず途中の川で様子を見る。やはり濁りがかなり入っていたのですぐさま上流へと車を走らせる。1つ目の河川上流は水量が多すぎてちょっと釣りにならない事が分かったので一旦下流へ引き返し、すぐさま別の河川に移動し上流へと車を急がせた。ポイントへ到着してみると流れはまずまずあり何かしらいい感じにワクワク感を押さえ釣り開始!

2012釣行ショアからのルアーフィッシング
2012-09-30 昨日、本日と今年最後の釣行を3人でいたしました。
釣果は思った様に出ませんでしたが、これも自然相手いたし方なく思っております。
事故も無く最終を迎え終えて大変うれしいです。記録を残せればもっと嬉しい!(笑)
今年はムービーを撮りアップして来まして、まあ下手な文章よりは良かったのではないかと思っております。来年もこんな感じで行きたいと思います。
2012-09-23 今年もいよいよあと4回釣行できるかと惜しむように出発いたしました。前々回いい型が居たが釣る事の出来なかったポイントへ行ってみると…釣り仲間に「岩魚32cm・ヤマメ30cm」と思わぬ良い型が出ました〜
2012-09-22 前日の雨で幾分か増水したので、この河川に釣行いたしましたが来年の主役だけのごあいさつで終了いたしました。
2012-09-15 この河川での今季最後の遠征釣行です。今までに無いチョー渇水の中「景色や空気」自然に接し出来いい一日でした。釣果はイマイチでしたが私は満足です。帰りの温泉での出来事も面白かったです。奥さんありがとう!
2012-09-02 今回は、銀系ヤマメの釣れるポイントへ3人でやって来ました。釣り仲間がさっそく尺オーバーの銀系ヤマメを釣り、その後、別の釣り仲間が27cm〜尺ほどの岩魚を3匹もこの河川から引き出し良い釣りを完成してくれました。
2012-08-26 何処もがチョー渇水している中、ちょっとでも水量が多くなった所にと3人でちょい遠征釣行いたしましたが・・・
2012-08-19 3人でのちょい遠征釣行だったが…全く当たり無し唯一仲間が掛けた「山女ちゃ〜ん」のみしかし幻想的なワクワクするような景色に感激する事に
2012.08.16 きょうの釣行は単独で楽しんできました。最近は渇水続きで厳しいのは解りきっておりましたが、それでも要所要所で元気にチャレンジしてきた魚たちに感謝いたします。
2012.08.04 チョー渇水している中、釣り仲間の銀系ヤマメ、私の釣った体型良好のヒレピンヤマメと何とか型を見る事が出来ました。
2012.07.21 前回、本降りの雨と未知の世界に恐怖を感じ断念したマジ、秘境へと遠征釣行
2012.07.15 仲間4人と「間もなく水没する某川」と「私が行った事の無い・・渓谷」へ遠征釣行
2012.07.14 アイテムの変更に伴い試し釣りをしてみました。
2012.07.08 昨日の豪雨で増水している中上流部へ釣行いたしました。狙う場所も濁りの少ないたるみに限られ、私は岩魚1匹と2バラシ、釣り仲間はそれぞれ3〜4匹となかなか厳しい結果となりました。
2012.07.01 仕事の都合で午後の釣りを強いられ更に渇水気味の釣行となりましたが、大物はバラスし釣果も伸びずでした。でも良い勉強もいたしました。
2012.06.30 チョッと遠征「大物が出る河川」へ
2012.06.24 2年ぶり?の「あのポイント」からの釣行
2012.06.16 今年初の「 某川 」輪行釣行
2012.06.03 水量も治まったので大物が遡上していないだろうか行ってみました
2012.06.02 チョッと上流奥まで釣行してみました。
2012.05.19 この「河川」は増水中とは分かっていたが・・・
2012.05.13 釣り仲間と3人で「 H某川遠征釣行 」今年は大物釣れたの?
2012.05.12 時間の限られている釣行で
2012.05.06 豪雨増水をさけ更に上流へ釣行する事に
2012.04.30 今年初の渓流釣行は此処だ!

2011釣行ショアからのルアーフィッシング
09.24(土) 今期もわずかで禁漁となる「ON川のM川」へ釣行致しました
09.04(日) 釣り仲間が「H川本流の下流からKポイント下まで」自転車釣行で29.5cmは出たもののあまり良くなかったとのこと
08.20(土) 釣り仲間が「ON川のK川」釣行渇水で今回はあまり良くなかったとのこと
08.21(日) 釣仲間3人で『 秋田県某川 』輪行釣行へ俺をおいて・・・渇水で大物無しだったがアベレージサイズ1人10から20匹の釣果とのこと
08.13(土) 釣り仲間が「ON川のM川とK川合流」で37cm岩魚GETしたが上流はさっぱり・・・
08.07(日) 釣り仲間と「ON川のM川」へ釣行(竿ぬけポイントで釣り仲間なき尺の岩魚ほかをGET)
08.06(土) 単独で「O川第一橋上流」へ(ほかの釣り客に途中から入渓され・・・チビ山女のみ)
07.31(日) 昨日の雨は幸運をもたらすか「O川最上流」へ
07.24(日) 試に・・・「H川Kポイント&H川KR上流ポイント」へ
07.23(土) 魚のいないN川から避難した「O川第一橋下流からヘツリ」で上流へ
07.18(月) 一発大物と釣行し『E川本流T下ポイント』で推定35cm雄山女ネットに入れそびれ取り逃がす・・・(笑)
07.09(土) 水量が落ち着いてきた『E川本流』釣行で大物?が・・・
07.03(日) E川濁流で・・・急遽「O川1橋上流途中からベストポイントへ大移動
06.25(土) 先日の大雨で日本海側の河川が濁流状態で氾濫さえあったとのことで『地元での釣行
06.18(日) 全員での秋田『H川支流K川最上流、更にH川支流O川』遠征
06.12(日) プチ遠征『 E川本流 』釣行場所変更が高生じて
06.04(土) 輪行遠征釣行『 某川 』+午後の部あり「大物GET
05.28(土) プチ遠征『 宮城県S某川-DBW 』
05.23(月) 今年初めての遠征『 H某川 』
05.16(日) 今日は3人で「O川12D」への釣行です。調べによると昨日からの水量がチョッと増したのですが、何とか行けるのではないかと行って見ました。今日のポイントの水量は雪代が入り5度とルアー釣りには低め不利な条件化でしたが、釣仲間が「岩魚25cm×3匹」でありましたが何とか釣果を出してくれました。
05.14(土) 調べによると水量が前回より多かったので、今回は「N−ONポイント」自転車釣行でしたが入渓初めの淵ポイントで釣り仲間が「29cmの雄イワナ」1匹を引き出したもののその後当たり無く終了となった。連休のタタキによるのか・・・
05.08(日) チョッと遅くなった「N‐Yポイント」へ釣仲間がまずまずサイズは「イワナ25から26cm二匹」のみ
05.04(水) 今年初めての渓流釣りは「H-Kポイント」から上流へ

2010釣行
09.23(木) 禁猟間近になって長雨続き「本日予定していた川は濁流になり釣行断念」
09.18(土) 渓流最後の遠征
08.28(土) 昨日の雨で「山女」の活性は…単独釣行「N-ONポイント」へ
08.16(月) 先日の雨で渇水状態から脱出したか「N川N工場ポイント」へ長丁場
08.07(土) 渇水が続く中此処しか無いと「O-1Hポイント」へ・・・帰り打ちに合い撃沈 マジ
7〜8月は雨が無く渇水続き・・・
07.31(土) 一迫川支流へ偵察を兼ねて釣行したが、川幅も無く魚の影もあまり無い状態だった。
07.24(土) 県内の川はすべて渇水状態になり仕方なく前回仲間が良い型を釣りあげた「O-1Hポイント」へ3人で釣行。釣果は、私は二匹掛けたが二匹ともバラシで、一匹は掛けた瞬間にドラグを引き出されその後すぐバラシ終了。釣り仲間は良い型ヤマメを掛けることが出来た。
07.17(土) 今日は釣り友とは別行動で「H-Kポイント」雨上がりの単独釣行
06.12(土) 今日は3人で川じたいは何度か入渓しているが、ポイント的には初めてN-小学校下〜
06.06(日) 単独釣行 寝坊でチョッと遅れの「H-Kポイント」へ
05.30(日) 釣仲間と「H-K下流橋からポイント」への釣行
05.23(日) 今日は3人での朝のO-階段下釣行(雪代もまだ残っており渋い中の釣行で水温10度のなか仲間には何匹かの釣果がありましたが私は山女のバラシ、岩魚が足元まで追ってきたものの食わせることが出来ずボウズに終わる)
05.22(土) 今日は二場所「O-12ポイント」「H-Kポイント」の釣行
05.08(土) 今日のポイントは「N-ONポイント」へ
05.05(水) D氏Jr.と渓流釣行は「N-Yポイント」から
05.03(月) 今年初の渓流釣行は午後単独釣行「H-Kポイント」まずは偵察へ

2009釣行
9月は渇水が続き渓流は悲劇的な幕となる
08/30(日) 前日の大敗の屈辱を晴らしに別の水系に単独釣行する
08/29(土) この時期は渇水とターゲットの貧素化で今日は惨敗
08/23(日) あの岩盤ポイントで釣果を出したいと「Kポイント」へ単独釣行する
08/16(日) 仲間二人で「輪行釣行」いたしました。
08/15(土) 水量は幾分落ち着いたか「Kポイント」へ単独釣行する
08/13(木) 単独釣行するはずだったが、3ヶ所とも川は増水中で釣りにならず。しかし新調したウエダーは歩いても汗をかかずさすが「ゴアはすげー!」と実感するのみ。
08/09(日) 三人で前回仲間がが良い型のヤマメを掛けた「第二Hから高巻し第三Hまでのポイント」へ
08/08(土) 前日までの雨を味方に「Y駅ポイント」へ
08/02(日) 前日までの雨が幸いし仲間が単独釣行「第二Hポイント」で両型のヤマメ9寸から尺越えまで5本掛けたとのこと
07/26(日) 前々日からの雨が魚の活性は良くなっているはずと「Kポイント」へ単独釣行する
07/25(土) 先日釣行した未開拓地N−K川のさらに上流への釣行でしたが、砂防ダムの連続でやはり小魚の魚影もかなり少なかった
07/19(日) まだ私が釣行した事の無い未開拓地N−K川へ
07/11(土) 早朝から二人で「第二HからY川」に釣行する
07/06(土) 早朝までの雨の為出発を遅らせて「Y駅ポイント 渓流釣行」を単独決行する
06/28(日) 第二H下ポイントから上流へ釣行するも渇水と前日のアングラーからの攻撃で惨敗
06/20(土) 午後の部「第一H下ポイントから上流へ釣行」
06/20(土) 午前の部「Kポイント単独釣行」
06/14(日) 午後「第二H下ポイントから上流へ」へ単独釣行
06/07(日) 午後「Y駅ポイント 渓流釣行」を単独決行する 雨の影響はいかに
05/10(日) 午後「Y駅ポイント 渓流釣行」を二人で決行する「大物ゲットの予感」
05/09(土) 午後「Kポイント」をまた単独釣行する
05/06(水) 午後「Kポイント最下流から上流まで」の単独釣行をする
05/05(火) 午後「C」釣行することに
04/29(水) 午後「Y駅ポイント 渓流釣行」を2.5人で決行する
04/05(日) 一ヶ月前の偵察釣行さすがまだ居眠り状態か・・(某川本流の最上流の下流ポイントから)

2008釣行
09/07 二週間ぶりの釣行前日の雨も合間って「2H上流ポイントへ」
08/23 前日のまとまった雨でパラダイスなるのか「S川D上流と下流」「2H上流ポイント」の二場所へ
08/02 パラダイスを求め支流Y川ポイントへ
07/19 前日夕方から深夜までの本降りがありチャンス!と何年かぶりに支流Y川ポイントへ二人で釣行となった。
07/13 前日の土砂降りで活性が上がった良い影響があったのではとKポイント地点へ釣行したが、釣り仲間がヤマメ一匹・岩魚一匹のみ
07/05 行ったことの無いNS川へ
06/15 昨日の地震「震度5強」の影響はあったのか?
後日仙台市内の渓流でも至どころでがけ崩れがあり「渓相」もかなり変わってしまった川もあった。
05/25 雨のため予定変更1Hポイントより上流へ
05/11 今回の渓流は先日とは違うH川へ
05/03 今年初の「渓流」の運勢はこれで決まりか?(某川本流の最上流の下流ポイントから)
2007釣行
9/23 某O川本流の最上流 T氏の「20cmの岩魚」一匹のみ・・・
09/22 前回のがした30cm楽々オーバーの岩魚を求め某O川3Hポイント
09/16 某O川3H上流ポイント
09/02 某H川本流の上流 Kの上流ポイント
08/19 某H川本流の上流 Kの上流ポイントからの釣行「アブが・・・怖い」
08/16 チョー渇水気味の宮城県 某H川本流の上流K地点からの「単独釣行」
08/12 某O川2H上流ポイント「単独釣行」
08/05 某H川本流の上流K地点からの釣行
07/28 某O川2H上流ポイント豪雨による土砂崩れで地形も一新
07/21 先日からの本降りで『釣行出来うる個所』が絞られ今年初めてのポイントへ
07/08 某O川本流の最上流ポイントから熊の住む世界へスタート 濁りは澄んだか?
07/07 某H川本流の上流 Kの下流で『ラッキーSEVEN』のはずが・・・
06/30 某O川本流の最上流 下流ポイントからスタート笹濁りよりもちょっとキツイか?
06/24 某H川本流の上流K地点からの釣行
06/23 今回は某O川本流3H下 下流の支流と2H下の上流の二場所攻め
06/09 某O川本流今年初めての3H下の上流へ
05/13 雪代も幾分治まったかなーと某O川本流2Hの上流ポイントへ
05/12 某H川K地点からの釣行 前回の仇討ちとなるか
05/06 雪代も治まったのかなーと某O川本流の最上流堰堤下ポイントへ
03/04 初めてのチョッと早めのわずかな残雪ある某H川K地点からの釣行で魚の気配も見れず・・・。
2006釣行
09/30 今年最後の渓流釣りはO川第二橋から入渓する事になった。
09/24 禁猟まで一週間を切り名残惜しむようにO川の第一橋から入渓
09/18 台風も迫り前日夜半からの小雨を知りつつ早朝四時にムクッと起き出して今回は四人での釣行となった。
09/16 今日はD氏と私の2人で、「私は二度目?」というO川第四橋から入渓する
09/02 今日は『 ウェーダー 』テスト?K川へ
08/27 今日は久しぶりにO川の第二橋から入渓し難関をクリアしてさらに上流へ
08/19 今日は久しぶりに4人で、O川の第三橋から入渓しさらに高巻きし上流へ
08/05 熱帯夜からの脱出?とにかくN川H上流へ
07/29 O川 ⇒ N川Y地点下流へ移動? 前日の大雨で濁り水増水中・・・釣果は?
07/15 D氏T氏は、まだ民家のある上流部分で熊と50m程まで接近遭遇し、道路に逃げると同じ熊にまた遭遇その後熊は山道を横断し山奥へ・・・二度美味しいと熊が言ったとか?
07/01 渇水気味の某C川へ、前日の集中豪雨は恵みの雨となったろうか?
06/17 前日の大雨の濁りを心配しながら明日はいずこへ行ったら良いやら・・・
06/11 前々日の大雨のO川濁りも取れ我々にマジ爆釣のきざし・・・
06/03 O川濁りも取れ、爆釣になるか?
05/28 O川 ⇒ H川K地点へ移動?深夜半からの雨で濁り水増水中・・・釣果は?
05/20 噂の某川を探し  私、D氏T氏3人で爆釣!のはずだった・・・
05/14 N川Y地点の上流で私とD氏T氏が爆釣!!にはいたらなかったが・・・
05/13 N川Y地点の上流でD氏T氏が爆釣!!だったとか
05/06 初釣り! 我々のH川K地点からの渓流釣行がいよいよ始まりました。
2005釣行
09/24 今年最後O−1H・・・と力入れ過ぎ?
09/10 何ヶ月ぶりかの渓流ポイントO−階段下へ
09/03 一ヶ月ぶり・・・残り少ない今月限りの渓流を大事にO−KS釣行する
07/24 しばらくぶりの『三人での釣行』あの柳のしかもまだ私が入渓した事の無い下流ポイントに。
07/23 『柳の下に・・・』また?O−KS PARTV
07/18 さて、「柳(やなぎ)の下にいつも泥鰌(どじょう)はおらぬ」と言いますが・・・O−KS。PARTU
07/16 D氏、立続けに岩魚、山女を釣り『尺山女』までも釣ってしまったO−KS。PARTT
07/09 定番のポイント「あの・・・の下で。」
07/02 今日の目的の上流では・・・今日の釣果を期待しつつ・・・。
06/18 D氏、T氏、私とで何時もの渓流O−3Kに。水量は落ち着きすぎたかがしかしT氏に尺岩魚!!
06/11 D氏、T氏、私とで何時もの渓流に。水量も落ち着きが出てきたので一場所フルに釣行!T氏『岩魚38cm』ゲット(リリース)。私もしばらく見ていないデカさ!!やはりこの大きさになると、この淵の主になりつつあるかアゴは、『しゃくれ』ていた。
05/29 D氏、私と今日は。断崖を2度下りO−階段下へ
05/28 D氏、T氏、私と今日は初めてのポイントに入渓する。
05/22 D氏T氏も「何十年前に入渓した事があるO−KS」という、無論、私は初入渓!!【動画】
05/21 二人とも・・・今回O−階段下も『尺岩魚』かー??!!
05/14 何時もの「トリオ」で何時もの川O−階段下で「尺イワナ?」・・・マジすか!?三人共!!
05/08 今日は別の沢N−YSに3人でいざ出発!!いい釣りできたかなー?
05/03 今年の『めでたい初釣り釣行O−12』さっそくD氏に「尺イワナ」出たかー!!
2004釣行
9月末で禁漁となる渓流釣りを惜しみつつ、ホームグランドの『某川上流』に行って来ました。今回がもう最後になるかも・・・
9月12日
今回も某川渓流に釣行致しましたが、やはりいい型の魚は出てくる気配もありませんでした。この川も今年最後になるかもしれません?
8月29日
今回も某川渓流に釣行致しましたが、ダムも川も共に加水状態でまったく『食う気なし』でした。
8月01日
 近場の初めての「私がまだ釣をした事の無い渓流」での挑戦!!【 part3 】でしたが、何匹かの『まあまあサイズ』の姿は見る事が出来ましたが、超渇水で『食う気なし』といった様子でした。
近場の初めての「私がまだ釣をした事の無いN−YS下流」での挑戦!!part2
近場の初めての「私がまだ釣をした事の無いO−K下流」での挑戦!!
渇水ぎみの某川から『尺山女』を引き出せるか?・・・何処かのページのタイトル??みたい!
渇水でしかも『?』が出たー!!??
6月13日 先行者2人いたにもかかわらず、私たち3人で・・・??
6月06日 二場所にて『釣行』。
台風が通過しましたので、私とD氏、T氏の3人で釣行。
5月09日 【初釣り釣行】
2003釣行
9月28日 釣行予定はと言いたいのですが、夕刻6時頃からの『本降り』の雨・・・いったいどうなる最後の渓流釣行・・・私の春は終わりました。
釣行予定は・・・台風の影響も心配!!?? ダカラ・?・?・? 今回を含めてあと2回行けれるかと「本流」に決定!!
9月21日 釣行予定は、本流に決定いたしておりましたが、朝起きてみると台風の余波か・・・『本降りの雨』よって今回は釣行中止致しました。
8月08日 ご存知の通りこの週末もまた『台風』という自然現象に足止めを食らうのか?・・・
 
ご存知の通り今回の『7/27の0時過ぎと早朝7時過ぎの宮城県内の大地震』により、また、今朝7/28の早朝4時過ぎの地震『震度5』という度々の大地震の為、渓流しばし延期。
7月13日 早朝、出発時間の3時にD氏と会い今日、某川上流で良いの?と言いますとD氏が、かなり前に行った事のある「吉田川」に行ってみないか?という案に私も「たまに変わった所も行ってみたいし・・・」という事と、T氏が到着しT氏も「おお良いねー」という事で急遽変更になりました。
早朝3時過ぎに何時もの様に『今日の釣行』のたのしい様子を想像しながら今日のポイント『某川上流』に向け出発。4時前に駐車場に到着、先ずは川の様子『水量』を川の遙か上空より偵察すると、やはり前日の雨でチョッと前回より水量が多い様に見えましたが濁りも無く川通しも出来そうでしたので・・・
6月29日 前日からの本降りで今日の釣行をあきらめていたところに、D氏、T氏よりのお誘いを受け増水の不安を引きずりながら「某川上流」に釣行を致しました。入所は雨が結構降りましたので、前回よりももっと上流にと考えてつつ、早朝3時過ぎに出発致しましたが・・・
今日シーバス狙いとも考えておりましたが、私たちが釣行する時間帯の潮周りがイマイチなので、「支流」に行ってみる?という事で3時過ぎに出発!!ダムサイドを抜けいざ上流にと車を走らせていると、D氏が、「俺もずっと前にしか行ったことがない何時もの所よりもっと上流に行ってようか?」と言い出し私も今まで本流の上流部にはまだ足を踏み入れたことがなかったので、2つ返事で『OK!!』と・・・
4月29日 私と、D氏、今日の釣りの予定は、まだサクラもほころんでいる『某川の渓流』初釣り釣行に決定!!・・・
早朝3時に出発し現地駐車場に着いたのは、辺りが薄明るくなってきた頃でした。途中国道に備え付けられている温度計によると、気温8度でしたので、上流のポイント付近は更に2度ぐらいは下回るだろうと言う予想でいましたが、・・・
2002釣行
9月8日 昨日、釣り友Dと「明日の釣りはどうする?」との相談で、サーフのスズキは波が2mぐらいあるし駄目だろう! 渓流は今月いっぱいで終わりだから、小雨も降っているし久しぶりに行って見ようと意見がまとまり、某本流釣行へ・・・。
7月25日 釣り友T兄&T弟からの、掲示板書き込みより・・
6月までの状況は、役内川にて33.5cmのヤマメ(子サクラかもしれない)を筆頭にヤマメの大爆釣・・・。
5月12日 10〜11日の本降りの雨で今日の某本流釣行は?と心配致しましたが、3時半に出発し4時15分頃現地「昨年、いつもはあまり入らない所での思わぬバイト→バラシのポイント」に到着・・・。
5月5日 早朝1時ごろから6時ごろまで、土砂降りだった為本日の釣行は断念いたしました。
釣友D、Tと、今年昨日まで桜鱒を追いかけ過ぎて、3月1日の解禁だった渓流、某本流釣行は今回が今年の初釣り!さて今回の釣果は・・・??